雑記

140字以上

ビジネスマナー(笑)ええかげんにせえよ

 

tech.nikkeibp.co.jp

 

無料部分しか見てないけどこれはひどい。本文をちょっと見てみると、

そもそもリュックサックは、ビジネスで使うことを想定していません。

〔要出典〕今時ビジネス向けリュックなぞ腐るほどあるやん。

リュックサックは幼い印象を与えるアイテムでもあります。

〔要出典〕は?

スーツが摩耗することに関しては同意せんでもないが、今時のスーツはそこまでヤワではないと思うが…(安物は知らん)

とまあ、印象論にあふれていますね。

 

で、せっかくなので前の記事も見てみましたけど、

tech.nikkeibp.co.jp

スーツに黒はダメとざっくりした言及になってますが、正確には冠婚葬祭用の真っ黒なものがNGです(国内では)。誤解を招く言及の仕方となっております。

(参考)

customlife-media.jp

NGとされるのは冠婚葬祭用の真っ黒なスーツで、目立たないストライプなどが入ったビジネス向きのスーツを着るのは問題ありません。

 

とまあここまではフックに過ぎないところで、本題はここから。

www.hitachi-solutions.co.jp

けっこう前からある話ですが、ビジネスシーンで「了解」がなぜか使えない話です。

あのHITACHIですらこれとかもう溜息しか出ないですね。

話が横道にそれますが、了解の「了」は、ここでは「諒」(はっきりと理解する)の意味、「解」も同様の意味です。よって了解は並列構造の熟語で、訓読は「諒(あき)らかにし解(わ)かる」となるはずです。こうやって訓読からキチンとやってみると

本来は、部下が上司に「15分遅れます」と連絡したときに上司が「了解」と言うように、上から相手を見て許す場合に使うものです。

こんな意味が一切含まれていないことがわかりますね。

※追記 」は、はっきりしているさま(『漢辞海』)のまちがいです。こんなことがないように辞書をちゃんと確認しましょうね。よって並列構造の熟語でもなく(正しくは形容詞+動詞)、訓読も「諒(あき)らかに解(わ)かる」となります。

 

(参考)

liginc.co.jp

ところで、承知も了解もそれ単体では敬語表現ではありません。ひょっとしたらHITACHIの中では敬語なのかもしれません〔要出典〕。「ご承知おきください」の表現が二重敬語表現にならないのを知っていればすぐわかる話です。「「承」には謙譲のイメージがあるから上の立場の人の行動に使わない方が無難」とか、「「了解」は使ってはいけないと世間で言われているから使わない方が無難」とか、そんなに教養がないアピールをしたいのかと思傍から見れば意味不明なのですが、これが「ビジネスしぐさ」としてまかり通っているところがとても面白いですね。一応、相手を不快な思いにさせないためだとか理由付けがなされていますが、日本語的に正しい表現をしているのになぜ不快にさせるのかサッパリ分かりません。そんなに先方を教養のない人扱いしたいのでしょうかこのような意味不明なマナーを語るサイトは「ビジネスしぐさ」の片棒をかついでいることにいい加減気付いてほしいと思いますが、そんなバカ面白い方々がまだまだ世間にあふれているのは文学部の必要性を感じさせるところでもあります。

 「正しい日本語」と言ってしまうと非常に危うい表現になりますが、「一般の人が使う日本語」と「ビジネス用語」に明らかな用語の解釈における乖離が見られ、それも自然発生的なものではなく、よく分からない理由で一部の表現が封殺されるとなれば、それはおかしいと感じざるを得ないでしょう。ある程度の定着が見られたら一般化されそうなところはありますが。就活を謳う企業さんは誤表現の流布をするのではなくて、誤りを正すことに注力してくれればなあと思う今日この頃です。